表丹沢+αをトレラン

5月12日(土)に鍋割山→大山まで走って来ました。表丹沢とは、丹沢山塊のうち、二ノ塔〜塔ノ岳を言うようです。
今回は、これをメインに、最初に鍋割山と最後に大山を加えたので、表丹沢+αということです。

上着は、湘南国際マラソンの黄色いTシャツ一枚です。
ハイドラパックに水2リットル(全部消費)、カロリーメイト2箱(1箱消費)、ウィダーインゼリー1個(消費せず)。途中の補給なし。

新緑が美しい季節になりました。といっても、右の写真は大山寺の参道の途中で撮ったものです。表丹沢の新緑の季節はもうすこし先のような気がしました。

大倉(290m)→二俣→鍋割山 (1,273m)→小丸 (1,341m)→大丸 (1,386m)→金冷シノ頭→塔ノ岳 (1,491m)→木ノ又大日 (1,396m)→新大日 (1,340m)→政次郎ノ頭→行者岳 (1,209m)→烏尾山 (1,136m)→三ノ塔 (1,205m)→二ノ塔 (1,144m)→ヤビツ峠(761m)→大山 (1,252m)→大山下社→大山ケーブルバス停留所(315m)
※( )内は、標高です。
スタートからゴールまで、06:10から12:50までの約7時間のトレランでした。距離は、25kmくらいかなと思いますが、最大標高差約1,200mもありました。最後の二ノ塔からヤビツ峠に下りて、また大山に登るのがキツかったです。最後の最後のこま参道の手前のトレイルで脚にきてしまって転んでしまい手のひらを擦りむいてしまいました。トレラン用のグローブ買ったほうがいいかもしれないです。
スタートはA、ゴールはBです。

大倉は県立秦野戸川公園に隣接しています。ここで登山ポストに投函して、トイレを済ませて出発しました。クルマは、公園の駐車場が閉まっていたので、道路のハス向かいの民間駐車場(土日は、終日で800円)のお世話になりました。

大蔵屋の横の道に入ると右のような案内があります。鍋割山・二俣方面に進みます。山頂までは、林道経由になり、間違うことはありません。


この辺りが二俣のようです。鍋割山には、沢をクロスする箇所が何箇所かあるので大雨の後などは渡れなくなることがあるようです。


滝もありました。


鍋割山荘で使用する物資が積んでいます。体力に余裕があればボランティアでボッカができるようですが、今回は遠慮させていただきました。


こんな沢のなかに登山道があります。これは増水時には飲み込まれてしまうでしょう。

鍋割山荘への荷物を運んでいるようです。今日の荷物は50kgと言っておりました。前回は70kgだっととのこと。鍋割山荘の小屋番の草野延孝さんのようです。


山頂少し手前からの風景です。近くの山がきれいです。

ちょっと曇りがちだったのですが、遠くに海も臨めました。

この時間は開いてませんでしたが、少し手前で山荘の方を追い抜いたので、もう少しすると開くのではないかと思います。
この山荘では、おいしい鍋焼きうどんを出すようなので、いつか食べに来たいものです。

今日は富士山も見えずでした。いつの間にか天気予報が変わり、明日の方が天気が良かったようです。失敗しました。

鍋割山から次の小丸に向かう途中で撮りました。

小丸から大丸に向かう途中で撮りました。すばらしい景観が眼下に広がっています。

塔ノ岳の山頂に着きました。Tシャツ一枚の身には、動いていないと恐ろしく寒かったので、すぐに出発してしまいました。

山頂からの展望です。この時は、天気がかなり怪しくなってきて晴れ間もなく、ちょっと展望的には残念でした。

尊仏山荘です。ここには、看板猫ミー君がいます。山荘に入って頭をなぜてみましたが、写真を撮ることはできませんでした。

天気が良ければ丹沢山に向かったかもしれませんが、あまりに寒くて、そそくさとヤビツ峠方向に脱出しました。

行者峠の手前にはこんな鎖場がありました。

三ノ塔-烏尾山の間にいらっしゃるお地蔵さんです。暖かそうな格好をしています。この先は、急勾配になるので見守ってくれているのでしょうか。


三ノ塔に着きました。こちらは避難小屋のようです。


ヤビツ峠に向かう途中で一旦車道に出ます。トイレがあり、団体さんが出発準備をしておりました。

正面には富士見山荘があります。ここからロード(神奈川県道70号秦野清川線)を2Km弱登ると、ヤビツ峠になります。

ヤビツ峠のトイレです。隣接して駐車場もありましたが、いっぱいでした。自転車ヒルクライムの練習場所としても人気があるようで、ここを起点に県道70号線で練習している方が結構いました。バス停もありますが、平日は2本、休日は5-8本と本数が少なく、この時間はバスがありません。

バスで帰ることは諦めて、バス停横の登山道から先に進むことにします。

ヤビツから大山へのイタツミ尾根は、結構キツかったですが、せっかくここまで来たら下社に下りるのではなく、大山頂上を目指すしかないでしょう。

鳥居が見えてきました。あともう一息です。

どこかの中学校の遠足でもあったようで頂上は大勢の人がいました。

大山頂上から下社に向かう道は、双方向とも大混雑しておりました。

この急階段(下から撮りました)を降りると下社です。

下社到着。

下社から伊勢原市街を臨みます。この後、呼び込みのお姉さんの声に誘われ、豆腐ソフトクリームがあるというのでこれをいただき、小休止してさらに女坂を降りて行きました。

途中、大山寺の前を通り過ぎて、そのまま、コマ参道を通り抜け、13:02発の伊勢原駅行きのバスに乗り、伊勢原駅で軽く食事をして、伊勢原発13:51の電車で渋沢駅に向かいました。渋沢駅から大倉にバスで向かう途中、ヒョウが降ってきましたが、トレラン中は雨にもあたらずに助かりました。

Leave a Reply